フォントが紹介されました

デザインフリーフォント1012
技術評論社
フォントが紹介されました

ガーリー*テイスト アンティーク素材集
学習研究社



CATEGORIES
Favorite items
Favorite items
Favorite items
Favorite items
Favorite items
Favorite items
Favorite items
Favorite items
Favorite items
Favorite items
Favorite items
Favorite items
Favorite items
Favorite items
Favorite items
Favorite items
<< 来るのか! PlayStation4 | HOME | テレビ視聴でオドロイタこと。 >>
メニエールで珍現象…?!

イソバイドの大人買いみたいになってるし

依然、メニエール治療中。
ついに両耳がメニエールに浸食されちゃったらしく、聴力テストで引っかかってお医者さんにバレちゃいました(笑)。本人も気付かない時があるほど軽いのでダイジョーブです!

ただ、メニエル治療薬の「イソバイドシロップ(興和株式会社)」を毎日飲むのが苦痛です。

イソバイドシロップ
それは魔法の薬。
例えるならばまさにFFの万能薬の様なもので、どん底に堕ちたステータス異常のatsumuを救ってくれる。

しかし、まずい。
えも言われぬほどにまずい。
もう目と鼻から原液が出て来そうなくらいマズい(苦)。


シロップ」という名称で安心した所にこのパンチ力です!


これ、全部飲まなきゃいけない。

でもって、今年になって身体に不思議な現象が顕われた。

それは忘れもしない今年の初詣。
神社で出してくれる御神酒を頂く時になって、「うわー。お酒飲めないし、マズくて飲みたくねーな…」と思ってたんですが、神官の末裔のクセに御神酒も飲めないんじゃシャレにならないんでありがたく頂く事にした。

すると、びっくり。

あれ?

なにこれ、すごく美味しいよ…?!

なんか、ちょっぴりフルーティでいてのどごし爽やか的な?
あれ、いつものマズい感覚がないけど? (おや?)
なんならもう1杯飲みたい的な感じ…???

自分、どーしたァ―ッ!!!

お酒も飲めないおこちゃま舌が自慢だったのにッ(ガクガクブルブル)。

いったい、オイラの身体に何が起こったのでしょうか。

色々考えたら、思い当たる出来事が1つあった。

親父も同じ病気で(いわゆるメニエル先輩)、試しにイソバイドシロップを1本飲ませた時に「老酒みたいな味」と言っていた事を思い出して、これは、もしかして来る日も来る日もイソバイドを飲み続けた事により、ベロの味覚が発達してお酒を美味しいと感じる様になったのかも…?

そういえば、あるブログでイソバイドを「度の強いアルコール」と例えていたのも頷ける様な気がする。

ウチの親父はお酒がめっさ強いですが、イソバイドを「うまい」と言ってました。オイラは今でもこの味には慣れませんが、どうやらお酒が好きな人にはイソバイドシロップは美味しいと感じるらしいです。※似ているからと言って、絶対にアルコールと一緒にイソバイドを飲まないで下さい(危険です)

いやまさか、イソバイドを飲んでお酒の味を覚えるとは思わなかったです(笑)。
web拍手 by FC2
エトセトラ | comments(2) | trackbacks(0) |
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
■関連記事リンク
コメント
私も目眩の悩みで耳鼻咽喉科を訪ね、このシロップを飲む事に、
コーヒーに入れても良いという事で、飲んでみました。
ほろ酸っぱく美味しいコーヒーに成りました。
結構御気入りです。
| 私はコーヒーに入れて飲みます。 | 2015/11/23 12:09 PM |
なるほど!!
コーヒーは合いそうですね。
苦味が苦味で隠れそう?

でも、イソバイトは牛乳との相性が悪いそうなので(ゲル化するらしい?)、お子ちゃま舌の自分はミルク無しでコーヒー飲むことが悩ましいですw (←いちいち面倒なやつですw)
| atsumu | 2015/11/28 5:44 AM |
コメント投稿

■テンプレのサポートは専用のBBSへお願いいたします
■機種依存文字や半角カナは文字化けする場合があります
■他人を中傷するコメントは管理者の判断で予告無く削除される場合があります
■フォームメールから連絡が取れない場合はこちらからお問い合わせ下さい
■コメントの削除を希望される方はご連絡下さい










この記事のトラックバックURL

※記事にリンクを貼付しないとTBできない設定になっています

http://atclipjp.jugem.jp/trackback/1422936
トラックバック