あまり知られていない消費税のヒミツ。


あまりにもうっすくて笑った ※イメージ画像

31日に買い物に行ったらものすごく混んでて、増税前夜に皆さん目が血走って買い物してましたね(←お前もな!)。

そして、税込から税抜価格表示になっていて驚いた。
そして、よ〜く目をこらさないと見えない税込価格に爆笑した(笑)。

あれ…、確か税抜価格を主体に表示する事は禁止されたハズじゃなかったっけ? 税抜で計算して行って、思っていた金額の差異が発生する何年か前の状態に戻ったな。

そういえば、アベビョンは確か「任期中は消費税上げない」って言ってたよね? エイプリルフールに引っ掛けて「消費税上げないって言ったのは嘘ぴょん♪ (えへ)」ってか?

前も言ったけど、例えば年金支払が相殺できるとか、そんな目に見える形以外の消費税増税は基本反対。目に見える形で還元されるならば妥協出来るけど、目に見えないまま徴収されるのは納得が行きません。

その理由が消費税の秘密。


皆さんは知っていますか…?

実は、消費税は年間の売上高が1000万円以上の場合に申告義務があるのです。

つまり、利益の条件によっては、あなたが支払った消費税は福祉などの公共事業に使われず、ショップ主の儲けになるのです。
どう見ても年間1000万円の売上なんてないであろう小さな個人ショップなど、例えば月/70万ならば8%で計算すると月/5万6000円。年間にすると67万2000円ほどの消費税分がショップ主の「儲け」となります。せっかく「福祉に使われるなら…」と思って払っていた消費税がショップ主の儲けになってしまうとは…。

これは、一度でもネットショップを開店しようとしてショップカートをレンタルした経験がある人ならば、殆どの人が知っていると思います。

年間1000万円以下で消費税の申告義務は発生しないのだから、消費税の表記は必要ないんじゃないか?…と思っても、消費税の表記は必ず義務化されて表記を外す事は出来ません。「売るヤツは消費税必ず表記しろや!」、「買うヤツはちゃんと支払えや!」。なのに「年間売上1000万円以下は申告しなくて良いお♡」…なんて、おかしすぎね?

個人全員がネットショップ開いて、月83万円以上稼がなければいいんじゃね?…なんて、妄想したり。

どでもいいですが、例えば、5%の税込価格表示で945円の商品が今回の増税で972円になりますが、「27円しか上がらないならいっかー」って誤摩化されない様に。元値は900円だからねッ。

個人的な消費税対策ですが、「安売りするまで絶対に買わない」、「今まで買っていた総菜を手作りに変更」、「外食をゼロにする」。
これでTPPと兼用で対策できるかなーって考えてます。
手作りとかほとんどやった事ないが、消費税分払いたくないんでクックパッド見て死ぬ気でやります(笑)。
web拍手 by FC2

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

フォントが紹介されました

デザイン力を加速する! フリーフォントCOLLECTION
技術評論社
フォントが紹介されました

デザインフリーフォント1012
技術評論社
フォントが紹介されました

ガーリー*テイスト アンティーク素材集
学習研究社




calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode