デジタルおさらい DTPにおけるページのハナシ

※PC初心者向けの記事になります。

デジタルの世界には基本的に爛據璽賢瓩箸いΤ鞠阿ありません。

なぜならば、デジタルの世界にはソフトウェアやブラウザに爛好ロール機能瓩箸いΔ發里存在しているので、ページという概念が必要ないのです(WEB上で見やすくすめための爛據璽諺り瓩禄く)。

メモ帳などのテキストエディターやWORDなどの文書作成ソフトでどれだけ長文のテキストを書いたとしても、保存ファイルは一つになります。プリンターでプリントアウトするときに自動的に分割されて初めてページ化されます。ですので、DTPにおけるページとはすなわちアナログの概念となります。

唯一、ページの概念があるとするならばPDF形式ファイルですが、ページ分割されて書庫化してもファイルは一つになるので、デジタルとアナログの概念を合わせ持つ、極めて特殊なドキュメントフォーマットといえるでしょう。PDFがデジタルの紙と呼ばれている理由です。

PDFファイルは一つのファイルに保存(または統合)して、そのまま.pdf形式でネット上でやり取りすることができますが、フォトショやイラレなどのDTPソフトのデータは、そのままではやり取りすることは出来ません。

例えば、6Pだと6個のデータファイルだとして、これらのファイルはフォルダに収めることで1つとなりますが、そもそもフォルダには属性が存在しませんので、ネット上でDTPファイルを送受するためには圧縮解凍が必要になるというわけです。※前記事にも書いたように、Macによるリソースフォーク情報の破損を防ぐためでもあります


1ページと1ファイルは、絶対的なものではありません。

極端な話、DTPソフトで縦に1Pと2Pを繋げてもデジタルの世界では成立します(スクロール機能があるので)。
しかし、それだと印刷(またはプリントアウト)したときに2P以降のレイアウトが崩壊してしまうので、アナログ(プリント)を前提として作成するデータは、基本的に1ページ1ファイルにします。30Pだと30ファイル、100Pだと100ファイルになりますが、これらを1つにするためにフォルダにまとめて圧縮して互換性を保つのです。
web拍手 by FC2

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

フォントが紹介されました

デザイン力を加速する! フリーフォントCOLLECTION
技術評論社
フォントが紹介されました

デザインフリーフォント1012
技術評論社
フォントが紹介されました

ガーリー*テイスト アンティーク素材集
学習研究社




calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ヨークごっくん!
    atsumu
  • 名作ゲーム「MYST」25周年
    atsumu
  • 名作ゲーム「MYST」25周年
    絹さや
  • 名作ゲーム「MYST」25周年
    絹さや
  • 名作ゲーム「MYST」25周年
    atsumu
  • 名作ゲーム「MYST」25周年
    絹さや
  • アドビの写真加工判定技術
    atsumu
  • アドビの写真加工判定技術
    chiemi
  • フォレストファミリー
    atsumu
  • フォレストファミリー
    chiemi

recommend

recommend

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode