阿呆巻き


いまどき、慣習もない地域でまだ恵方巻やり続けてるバカッターがいるんだったら見てみたい。



小生はオンゲのフレンドから、この事を教えてもらいました。

だから、切らずに丸かじりさせるのだそうです。
何も知らずに、乗っかってやっちゃうアホな日本人女性を嘲笑うためにね。

web拍手 by FC2

廃用症候群

入院中のおかんの退院に向けた話し合いのため、面談に行ってまいりました。
担当医師の説明によると、おかんは「廃用症候群」ということだそうです。


恐ろしい(笑)

おかんのことだけど、こんなんなりたくねーw

そういえば、足が悪いのでずっと床に寝そべってテレビ見てボーッと過ごしているだけで、この一年は特に生活意欲もない感じだったなあ。

もともと、趣味らしい趣味もないし、生活不活発病瓩砲蓮△疋好肇薀ぅで当てはまりますわな。

ちなみに、面談で猛プッシュした施設入所については、地域内に今すぐ入れる施設がないそうで…。結局、もっと良い環境に「転居」か「施設での待機」ということで、面談は終わりました。

待機児童は聞くけど、
待機おかんは聞いたことがない!! (笑)


新しい環境先が見つかるまで短期入所ということで、来週退院したらおかんを施設に搬入してきます(コミケみたいに宅配搬入欲しいワ 笑)。そして、春までにまた転居の準備で、おかんの家に行ったり来たりの予感が…(汗)
web拍手 by FC2

平成ネット史をおさらい #3

そして、SNS最強時代突入

2007年5月。
誰もまだ「ツイッター」なんて知らない当時。

試験的に始めたサイトに、やたら「twitter.com」からのアクセスがあり、気になってURLにアクセスしたら青い画面にヘンな鳥のイラストと検索窓だけの何もないサイトで、「ツイッター」なんて言葉もない頃だったので大変不気味でございました^^ 2007年当時、twitterの存在を知った数少ない国内在住者かもしれない。

あまりにもアクセスがあるもんだから、「twitter.com」と「適当なアカウント名」をググッて、ようやくtwitterがSNSであることを知った。当時のTwitterは日本版もなく日本語にも対応していなかったため、文字化けがあったことを日本人垢が嘆いていたっけ。その時すでにユーザー数が多かったので垢を作っておこうと思ったが、直感でわかったのが「自分とツイッターは一生合わなさそう!!」ということで回避。ツイッターは人には勧めるけど、自分がやると疲れそうだからやりたくねーのです。

2008年に日本版ツイッター(twitter.jp)が誕生すると、ブロガーがツイッターに次々に移転。芸能人がアカウントを作り出すとますます登録者は増え、巨大SNSへと発展して行った。

ブログの欠点は、当時の編集画面は手打ちでタグを書いていたので、知識がない初心者には文字の色を変えるだけでも難儀であった。HTML/CSSの知識がないとSEOも不利となり、ブログへの集客も思うようには行かず、トラックバックだけでは拡散性も弱かったため、知識も必要なく気楽に利用できるツイッターの需要が高まった。それまではアクセス数に重要度が高かったウェブ形態からSNSでのフォロワー数という、いわゆる読者数が最も重要視されるようになったSNS時代。

ブログサービス側も直感的に編集できるエディター機能を搭載していたものの、時代はSNSに移っていった。
元気なのはAmebaBLOGだけ。強みのPiggを前面に推して、FLASHを使ったソーシャル展開をして行った。そして、ソシャゲことソーシャルゲームが登場すると、ガチャと呼ばれるアイテム提供が始まり廃課金するユーザーが増えていったのでした。

今ではネットで買い物やゲームも出来るし、たくさんの人と交流を持つこともできれば、仕事もできる時代になりました。

平成ネット時代は楽しい30年でしたが、小生はPC始めるのが少し遅くてCGIの勉強が不完全となってしまったため、Perlしか覚えられず、PHPまで手が出なかったので、せめて90年代末期に始めていればもう少し勉強する時間ができたかなーと悔いてます。

さて、これからの30年はどう進化するのでしょうか。
30年後か、…いくつになってるかなw

い、生きてるかな!? (笑)


吸収力だよね。

新しいシステムや情報が出るたびにすぐに飛びついていかないと、すぐに置いていかれるもんな>この世界
web拍手 by FC2

平成をデザインし続けたMdNが休刊


親父がMdNが好きでずっと買っていたから、読み終わるともらってずっと読んでたっけ。Photoshopの使い方だったり裏技だったり、DTPデザインと構成力はMdNから教えてもらいました。

月刊ではないけど、「デザイナーズ年賀状」では大変お世話になりました。
ありがとうございました。




フォントを紹介していただいた時の写真です。
これが最後になってしまうとは><
web拍手 by FC2

平成ネット史をおさらい #2

時代はネットゴールデンエイジ

1995年当時のPC価格は35万程度だったのはよく覚えている。

90年代初頭にはPower Mac PCが100万〜50万とか当たり前だったので、1995年に35万にという価格は今から思うと高いと思うかもしれないが、これでも安くなったんだよー(笑)。
1998年にAppleからPower Mac G3が登場して我が家も新調したっけな。当時は新しい機種が発売されると「型落ち」になったPCが投げ売りされるので、正規の価格よりもお安く購入できたのでした。



PCモニタ一体型のiMac (1998)

小生がネットを始めたのが同年2001年。
当時、どこいつのキャラクター「トロ」からメールが届く「トロメール」がどうしてもやりたくてPCを始めたのでした(トロのおかげです!!)。
アプリやソシャゲもない時代、メールを始めチャットや掲示板でコンタクトを取っていた頃だったから、いまだったらウザいメルマガなんだろうけど、当時は毎日届くトロからのつぶやきメールが楽しみだった(ちなみに、どこいつ20周年まであと半年っていう)。

90年代後半まではメールやチャットや掲示板で情報交換をするなどの方法しかなく、サイトを作る以外に個人が情報を発信する方法がなかった。2000年代に入るとCGIレンタルサービスも次々に始まり、掲示板や日記帳をレンタルしてテンプレート(スキン)やデザインを変えたりそれなりに楽しかった(前略プロフィール懐かしいぞ!! 笑)

ブログサービスが登場すると、一気にブログ全盛期となっていった。
どれだけすごいかというと、FC2のアフィ(広告収入)やった時に一件登録されるたびに150円がもらえたんだけど、60件ぐらい登録していただいて月10000円近く稼げた時があるから、この時のブログブームは尋常じゃなかったのです。ポストペットもあったけど、ブログペットもあったよね!
そして、90年代ではHTML文書でホームページを作成するのが当たり前だったが、2000年代になるとCSS文書が当たり前になっていきました。HTMLだけで作成するよりも、グッとスタイリッシュで魅力的なデザインが可能となり、そこからWEBデザインの毛色が変わったのです。

なかでもFLASHは、アニメーションを使ったデザインとUIコンポーネントなどの多機能を兼ね備えたインタラクティブ且つ革命的なメディアであった(まさにShock wave!!)。

Flash職人って言葉が、まず懐かしい(笑)
FLASHアニメだけが取り上げられているが、ActionScriptを使ったプログラミング言語とタイムラインを組み合わせた斬新なプラグインで、小生もかなり頑張ってFLASHを独学で習得。2009年から始まった「AmebaPigg」もFLASHで構築されています。そんなFLASHが2020年に終了してしまうのが惜しまれる。それもこれも、ヒゲのカリスマが「FLASHはもうオワコン^^」なんて言ったのもそうだけど、だいたいAdobeに買収されるマクロメディアも悪いワ!!! ( ゚д゚)、ペッ

どうでもいいけど「BAN」について「平成ネット史(仮)」で解説が出たのが笑えたw
今はなくなったけど、運営がユーザーを一斉にBAN(垢凍結)して「春のBAN祭り」って騒がれたこともあったわな。
web拍手 by FC2

平成ネット史をおさらい #1


昭和から平成へ

きっといつか忘れてしまうであろうコンピュータの歴史を、平成のうちにメモしておきたくなったのでPC史健忘録。

時代は遡ること昭和の時代。
TK-80の衝撃からPC-8001(NEC)の発売があり、当時のPCの記録媒体はカセットテープで、ドットマットリックスプリンタ(PC8023)の時代であり、コンピュータで作成した画像を大判で紙にドロー表現するには「XYプロッター」を使い、十字動作ができる専用の機器にペンを持たせて紙をセットして、コンピュータが画像を「書く」といった極めて原始的な方法であったが、斬新でもあった。当時、初めてカラーで絵を描くプログラムを開発した某会社の試作品を親父から見せてもらったけど、大雑把なグラデーションで10色もないカラー表現されたそのコンピュータ画を通して、いずれ来るPCの未来が見えた気がする。ここから、本屋で毎月コンピュータ誌を立ち読みするといった奇特な十代を過ごすこととなりました(←いや、学校の勉強しよう?)

90年に入り、それまでDOS/VだったPC媒体が、マイクロソフトのWindows95というOSが登場してから一気に時代が変わったのは言うまでもない。

実はMacintosh PowerPCのOS(System)の丸パクリだからねッ!!

デスクトップ表示はアイコンがMacでは右寄せに対して、Winは左寄せである。デスクトップのデザインから何から何までソックリで、Macファンから見たら半ば呆れるほどの出来栄えであったが、一般人を巻き込んでの拡散性は高いと言わざるを得なかった。

そんなWindowsOSよりも、実は先に開発されていた日本産「トロンOS」が世に出なかったことが悔やまれてならない。


web拍手 by FC2

同人に捧げた人生とは。


コミケで人が倒れてお亡くなりになったというのは聞いたことがないので、おそらくはこれが初めてか…。

持病がなく、過去に大病を患ったこともないという黒碧天さんが亡くなった理由については、締め切り前の徹夜や昼夜逆転の生活、偏った食事、喫煙などが考えられるとしている。


喫煙と油っこい食事で動脈硬化起こして、睡眠不足で負荷がかかって疲労とストレスも合わさってたのかな。同人活動って過酷だもんな…。同人やってる時は、「ここでちねるなら本望だ!!」とか思ってやってたけど、実際は、周辺のサークルや一般参加者にも迷惑かけちゃうから、やっぱり健康に気をつけないといかんね。無理せずちゃんと休息をとって、あとやっぱり大事なのは禁煙だよ!!! 禁煙!!

44歳まで頑張って同人活動続けていたのに。。。

謹んでお悔やみを申し上げます。
web拍手 by FC2

テクノロジア魔法学校


子供の頃にこれあったら入学したい!!

でずにーがプログラミング言語講座やる時代になったか。
しかし、プログラミングやらWEB関連を「魔法」と呼ぶのは素晴らしい表現。

まさに、でずにーの言う通り、「プログラミングは現代の魔法」であります。
プログラムって魔法の呪文だと思うワ。呪文も構文も、1字でも間違うと動いてくれない。「ひるね姫」にも近い表現があったけど、プログラミングは魔法のようになんでもかんでもできてその上楽しい。プログラミングって最高だね。

小生は、JAVA/HTML/CSSに関してはもう習得しちゃってるし…、Processing/Shaderに関してもFlashでプログラミング動作やってて事足りるので…、今はもうShade3Dとかそっち行ってるからなあ(MySQL➕PHPプログラミングでサイト構築もそのうち学習項目に追加されたりして)。ある意味、PC初心者でワクワクしながらテクノロジア魔法学校に入学できる人が裏山だワ。

2020年からプログラミング必修化されて、ますますプログラミング講習とか当たり前の時代になるんでしょうね。10年後、20年後ともなれば、塾でも学校でもプログラミング学科とかできて、JKたちが「if構文って面倒くさいからサー、今度は三角関数使って何かやってみよっかな〜」などという会話が当たり前になる日も近いか。

お子様から社会人まで入学できるそうなので、興味がある人は今のうちに無料体験してみてはいかがでしょうか。
特に、でずにー好きの人には爛魯泙蠹扠瓩箸いμ召MPプラスupで、この講習で自在に魔法が扱えるようになるとことでしょう。

テクノロジア魔法学校
https://www.technologia-schoolofmagic.jp/
web拍手 by FC2

動画配信が命綱。


我が家にはテレビが一台もないから、ワンセグかDVDレンタルか有料動画に頼るしかないんだけど、ワンセグも電波の良い位置に行かないと見れねーし、DVDレンタルも旧作になって借りられるようになるまで時間かかるから、Gyaoの無料動画配信すごい助かるワ。

Gyaoも昨年末から、ドラマとかアニメとか番組を増えて配信開始日時も早くなって、これが無料で見られるんだからありがたやーです。たぶん、AbemaTVに対抗してるんだろうけど、かなり良くなったから今はGyaoに入り浸ってる。

もう、テレビがなくても全然イケる(笑)
web拍手 by FC2

2019年の抱負


✅ フォントを4〜5個制作

✅ ぼちぼち日本語フォント制作復活

✅ おかんを施設に強制入所させる

✅ ジャンプGIGAの銀魂最終回を見守る

✅ 銀魂の銀祭り(仮)DVD予約を忘れずに!!

✅ エンジェル・ハート(アニメ版)を一気見


片っ端から書いていったけど…、
最初の2つ以外、願望と欲望の塊じゃねーか!! (抱負じゃない!! 笑)

とりあえず、制作復帰したフォント業に専念したいと思います∠(`・ω・´)
web拍手 by FC2


フォントが紹介されました

デザインフリーフォント1012
技術評論社
フォントが紹介されました

ガーリー*テイスト アンティーク素材集
学習研究社




calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 名作ゲーム「MYST」25周年
    atsumu
  • 名作ゲーム「MYST」25周年
    絹さや
  • 名作ゲーム「MYST」25周年
    絹さや
  • 名作ゲーム「MYST」25周年
    atsumu
  • 名作ゲーム「MYST」25周年
    絹さや
  • アドビの写真加工判定技術
    atsumu
  • アドビの写真加工判定技術
    chiemi
  • フォレストファミリー
    atsumu
  • フォレストファミリー
    chiemi
  • フォレストファミリー
    atsumu

recommend

recommend

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode